【マーケティング必須項目】デザインスキルとは? 3分で理解!

MUP

taitan
taitan

みなさん!こんにちは!
お疲れ様です!
今日は、最近話題のデザインスキルについてやっていきます!

taitan
taitan

ただ、デザインスキルといってもなんぞや!
ってなりますよね笑
大丈夫です。全ては先生が教えてくれます。
では、先生お願いします!

なるほど。
今日は、デザインスキルについて学びたいのだな?
では、やっていこうじゃないか!
3分で理解できる記事になっているからしっかりと
集中してくれ!

先生
先生
taitan
taitan

3分なら余裕ですね!
よろしくお願いします!

本日は、マーケティングのなかでも最重要項目です。

なぜ、重要なのか?

競合企業に勝つことできるスキルになっているからです。

見るべき人

・経営や店長のお店運営に関わっている方

・マーケティングについて学びたい方

・様々なスキルを身に付けたい方

是非、学んでいきましょう!

デザインスキル

デザインスキルとは?

簡単に説明しよう。
これを学んだらこんなメリットがあるのじゃ。

先生
先生

デザインスキルとはこういうもの!

・デザインスキルとは、マーケティングの最大重要項目です。

・競合との差別化時代に絶対的に勝ち続ける戦略でもあります。

・クリエイティブスキルが断然に上がります。

※クリエイティブスキルとは、”物事を発見する能力”のことを指します。
後半で詳しく解説しています。

このスキルはピカソ・ゴッホの時から存在していた。

ゴッホとは?

それでは、ここから”ゴッホ”を知らない人のために
簡単に説明しよう!

先生
先生

参照URL(https://bit.ly/2Alx1mf)

フィンセント・ファン・ゴッホ(本名)、
美術界に名を残す有数の画家です。

19世紀に活動していた方ですが、その作品のあり方は、
20世紀の美術にも大きな影響を及ぼしたといわれています。

絵の方も有名なものが多く、
”ひまわり”や”星月夜”などがあります。

ただ、ゴッホは生涯のうち売れた作品は数少なく
死後にその才能が認められました。

ピカソとは?

次は、多作の美術家”ゴッホ”についてじゃな!

先生
先生
参照URL(https://bit.ly/2AcSuxs)

パブロ・ピカソ(本名)は1
19世紀後半〜20世紀前半まで活躍した画家であり、
美術家としては絵画関係を合わせて14万7000点を作りあげました。

ピカソは絵画以外にも300点の彫刻と陶器を作成し、
最も多作な美術家として有名です。

ゴッホと比べると、多くの作品に対して
高評価を生涯中に受けたと言えます。

ゴッホとピカソの違いは決定的な違いは何か?

生きているうちに、才能を評価されなかった”ゴッホ”。
生きているうちに高評価を受け続けた”ピカソ”。
この違いはなんだろうか?

先生
先生

この二人の決定的な違いは、”絵の売り方”です。

まずは、”絵” というものがどう言う存在だったのかをお話しましょう。

今は、”絵” と言われたらたくさん想像できるでしょうが
昔は、【風景画】が”絵” とされてきました。

そして、その絵を持つことができたのは
お金のある”貴族”のみです。

では、ピカソはどのように売ったと考えますか?

正解は、
ワインのラベルに自分の絵を貼り付けてデザインしました。

普通に、絵を売りに行ってても売れないと気付いてたんです。

”絵”という物の、固定概念をぶっ壊しました。

なぜ、ワインなのか?
貴族しかワインを飲まないからです。

このことから、ピカソは
絵描きであると同時に”ビジネスの才能”
長けていたといえます。

デザインを定義

それでは、デザインについて定義をしてみよう。

先生
先生
デザインとは?

ある物を破壊し、新しい物を定義すること。

そしてこの、デザインをするにはビジネススキルが必要です。

現在でも、このデザインは身の回りにも使われているのは
ご存知でしょうか?

・ワークデザイン(リモートワーク等)

・ライフデザイン(結婚は別にしなくても良い)

これらも、あるものを破壊し、新しい物を定義したからこそ
できているものとなります。

既存にあるものに対して why? を常に持ち続けること
このデザインスキルはみについてきます。

クリエイティブスキル(クリエイティブシンキング)

最強になる前に一つだけ…

どんな気持ちをもって仕事に取り組んでいますか?

・言われたことだけをする= 業務

・考えてやること= 仕事

このちがいを意識しているでしょうか?

仕事をする上で重要なことは、3つあります。

Point

・観察(よく見ること)

・発見(新しい問題を見つけること)

・実行(行動に移すこと)

そして、
ビジネスとは課題を解決すること
デザインとは課題を発見すること

これを念頭において
後半をみていただければ幸いです。

椅子を描いてみてください

では、みんなにしつもんじゃ。
自分の思う椅子を想像して描いてみてくれ。

先生
先生

taitan
taitan

頭の中でも良いですか?

noteでも、頭でも良いぞ!
自分の思う椅子を描いてくれ!

先生
先生

結論からいうと、
②を描いた人は、クリエイティブスキルがあります。


僕は①を書きました笑

クリエイティブスキルが皆無ですね笑

ここで求められていた事

・座る+くつろぐ この付加価値を付けられていたか。

・クリティカルシンキング(ビジネススキル)→ 物事を解決する力

・クリエイティブシンキング (デザインスキル) →物事を発見する力
 →この力があるかどうかです!

<事実>座る場所がない → <解決策>座る場所を提供する

<事実>座る場所がない → <解決策>くつろげる場所を提供する。

この考えを、常に持つことができたかということが
この先のビジネスの世界では必要不可欠となるスキルです。

taitan
taitan

な、なるほど。
一応理解はできました。
ただ、どうやって作っていけばいいんですか?

大丈夫じゃ!
次のフレームワークを作れれば簡単にできるように
なるのじゃ!

先生
先生

これを頭の中に作れれば最高です

クリティカルシンキング

これは、みんなが常にできていることで
クリティカルシンキングという。

先生
先生

クリエイティブシンキング

これが、さっき椅子の問題で①を描いたひとには
思考スキルじゃ!
クリエイティブシンキング(デザインスキル)というぞ。

先生
先生

これがいわゆる付加価値はつけるということです。
いかに、この考え方をマスターするかが肝となってきます。

実践編

では、早速実践編に入ってみよう!
先ほどのフレームワークをこのように
使う事で、簡単にできるようになるぞ

先生
先生

WHAT の部分が、クリエイティブスキル(デザインスキル)です。
先ほどの、椅子の問題で②番を書くために必要なスキルです。


HOWの部分が、クリティカルシンキング(ビジネススキル)です。

taitan
taitan

ここで言いたいことはなんなんですか?

先ほど紹介した二つのスキルを
掛け合わせていくことが重要になるのじゃ!
アイデアを拡散させて収束することが重要じゃな。

先生
先生

常に、一つの見方ではなく
あらゆることを想定して考えていくことが重要である。

先生
先生

– まとめ –

いかがだったでしょうか?
カタカナが多すぎてわからない!

というかたも、何回も見ていただければ幸いです。

是非、自分の職種や、行っている事業に落とし込んで考えてみてください!
また、日頃からも使えるスキルですので
実践していってもらえれば良いと考えます!

本日のポイント

Point

・デザインスキルの背景を理解できた

・クリエイティブスキルについて理解できた

・実践編での、フレームワークを理解できた

この3つを、理解できていれば必然とスキルがついてます!

あとは、どんどん実践して深めていってください!

<オススメの記事①>

<オススメの記事②>

<オススメ動画>

【デザインスキル】これさえあれば起業も簡単!?差別化時代に100%勝ち残れる方法を竹花が大公開(2020年最新)

今回の記事は、

©︎竹花貴樹2020

最近、たくさんの方から

どんな勉強したり、オンラインスクールにら行っていますか?という声を多くいただくのでご紹介させていただきます!
僕は、いつも【MUPスクール】で半端ない学びをさせていただいています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました